TopPage > 書籍 > 一般 >

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品コード:
ade70013

超高齢社会 ―進む少子化、近づく多死社会―(PDF版)

販売価格(税込):
1,893
ポイント: 17 Pt
アドスリー書籍紹介ページ:
http://www.adthree.com/publish/2011/04/super-aged-society.html
関連カテゴリ:
書籍 > 一般

★★★ 元総務大臣・片山善博 推薦 ★★★
日本はこの大波を乗り越えることができるのか!?
いま何が問題で、どうすればいいのか!? 政治には何ができる?


本書は、現在日本は「上昇拡大」から「下降減少」の転換点、大転機、変革の時にある、という認識の上に立ち、わが国の現在の立ち位置をよく見定め、押し寄せる超高齢社会の大波をどう受け止め、どう乗り越えるか、どう生き残るか、そのチエ、ノウハウを地方現場の目線で眺めていこうとするものである。

著者 坂田 期雄(さかた ときお)
発行日: 2011年4月20日
判型: A5判・296頁・並製
コード:ISBN978-4-9-904419-16-8 C0036
定価: 2,310円(本体2,200円+税)




――この本の、1番目の読者として――
 私たちは、このことを「常識」として、持っていなければならない
「和を以て貴しとなす」―この本を読んで想起したことばです。
 今を去る千数百年、聖徳太子という先輩によって出された「憲法十七条」の第一条の冒頭の文です。続きがあります。
   忤(さか)ふること無きを宗(むね)とせよ。
   「人」皆党(たむら)あり、また達(さと)れる者少し。
ここを以て、あるいは君父に順わず、また隣里に違ふ。
しかれども、上和ぎ下睦びて、事論(あげつら)ふに諧(かな)ふときは、事理自づからに通ふ。「何事」か成らざらむ。「人皆」が、ある目的を達しようとして、協同作業を起こすときの心構えと実行方法です。それがかなえば、「何事」も「成らないことはない」という励ましのことばです。
 私が本の出版の編集に携わるようになって、半世紀になります。その最初の頃、編集者というのは、著作の最初の読者だから、心してかかるように、という忠告を受けました。
 この度の坂田先生のお原稿に接し、読み始め、読み終わって、あまりのことにがく然としました。日本人は、これからこの事態に対処して行かなければなりませんが、未曽有の挑戦になります。これまで、地球上のどこかに解決の方法を求め、根拠にして対応してきたのですが、この問題に手本はありません。どこにも例のない、世界の現実にない事態に、それこそ初めてとり組むことになったのです。
 しかし、考えようによっては、たいへんにやりがいのあるテーマである、ということもできます。
 もちろん、それに向かう人たちは大変です。なにしろ、世界で初めての事態に直面するのですから。それでは、今まで、大人たちは何をやっていたのだ。弁明をすれば、夜昼なしに、世界から文句を言われながら働いてきました。その前は、それこそ、目茶苦茶なスケジュールの父母をみてきました。その前は、戦争につぐ戦争です。これまで、日本人は一生懸命に働いて来たのは事実です。ところが、結果としてよかったと判断しうる状態にはなっていません。なぜだろう、と首を傾げています。
 今私が出来ることといえば、こういう現実であっても、真向うから受けとめて解決して行こうと努力する将来の後輩たちに、敬意をもって工―ル(応援歌)を送ることでしょう。それは、先輩たちの難局に立ち向かったときのことばを思い出すことでしかありません。
 1つは、江戸時代の中期に出た上杉鷹山さんの和歌です。
  成せば成る 成さねば成らぬ 「何事」も
    成さぬは「人」の 成さぬなりけり
 これを知ったとき、私はむかしの人は、元気だなあ、とてもかなわない、と概嘆しました。今回、この中の「人」は、参加を予定された人たち、憲法十七条の「人」であり、「何事」も同じと気付きました。
 そして、「和」に参加する個人への応援歌ですが、鷹山さんの少し前、戦国時代に、山中鹿之助さんという先輩がいました。彼は逆境に遭って、三か月に祈りました。
  憂きことの なおこの上に 積もれかし
    「限りある身」の カためさん
 むかし、私は、しんどいなあ、と思いました。
今、これは、「限りある身」の限界への挑戦であり、それは有限の生だからこそ価値を見出すことのできるすばらしさだということがわかります。
そして、この難局を支え、受け持つ人々の、理想の心境です。
  我が物と 思えば軽し 傘の雪
 次に、実行しなければなりません。その指針としては、明治の初め、政治の中心にいた大久保利通さんの心構えです。若い徳富蘇峰さんに伝えたことばです。
  急ぐな、あせるな 
 他より早く行こうとすれば、「人」を置いていくことになります。「和」を志すとは、全体として動かなければ成り立たない、と考えることです。大久保さんの置かれた立場を考えれば、ものすごいことばです。
 次に、私には、何が出来るのか。
それを「認知症」にならないようにすること、としました。笑わないでください。真険なテーマなのです。
 方法としては、江戸時代の、佐藤―斎さんのことばです。
  老いて学べば朽ちず。
 この年になっても学ぶ。
その結果としての以下の対策は、はたして効果があるかどうかわかりません。しかも、これまで私が過ごして来た中から身近に選べるものに限定されます。認知症とは、脳に起こる病態です。それなら、脳が健康であればいいはずです。出来ることは読書。脳の思考力を保ちます。目につく所から拾いました。哲学。とりあえず、デカルトの「方法序説」、寺田寅彦の「日本人の自然観」から始めました。
 科学は苦手ですが、ファラデーの「ローソクの科学」、ユークリッドの「幾何学」を目につく所に置きました。文学は、古典として「徒然草」、情操をよみがえらせるために、堀辰雄の「大和路信濃路」、国木田独歩の「武蔵野」にしました。
 そして、これらを音読することにします。音読すると、黙読と違い、間違いが目につきます。気がつけば一々直していきます。それに、、自分のことばに出しての表現力の貧しさがよくわかります。
 ただ受動的なだけでなく、脳に新しい働きを加えるため、日本の古戦場をめぐり、そこで戦われた古人の作戦の論理を文章化してみることにしました。読書だけでなく、自分で文章にせよ、というのが大先輩の叱言でした。
 皆さんは、とくに若い人たちは、大人たちは何をやっていたのかと、批難するかもしれません。たしかに、それは当たっているのでしょう。
しかし、ここまで来て、過去の反省は未来を目指すときに必要なだけであり、これからの日本の未来は、誰か賢人が計画したものを、衆が実行して得られるものではないようです。
 50年先の未来は、その間にあなたが成したものに、同じく他の人が成したものを、単純に加えたものです。皆さんの成果の、「和」でしかありません。それ以外の未来などないのです。今のあなた方を見ていれば、私は50年先の未来を見ていることになります。
ぜひ、笑って、明るく、しなやかに。がんばってください。
(編集子、71歳)


[読者の皆様へ]
 ぜひ、この本の読後感をお寄せください。そして、ここに収載させてください。
 以上は、たしか、10日前あたりに書いたのである。その後に、東北関東大地震が来ました。次々に知らされる現地の状況に、ただただ呆然とするばかりでした。なくなられた方々には、心から哀悼の念を捧げます。
 また、被災された方々には、できるだけ早く、復興の実をあげられますよう、祈りあげます。起こったことは、乗り越えるしかありません。また、やってくることも避けては通れません。ここでは、お互いに、お互いを、日本人を信じましょう。そして、ともにがんばりましょう。




「超高齢社会」と「東日本大震災」
   ―「超高齢社会」坂田期雄著を読んでー 
            重田 昇(64歳)
       株式会社 元気21総合研究所 主宰


3・11という人類史上未曽有の大災害は、人間の生きる意味と将来のあるべき姿・形・ビジョンを、まったく変えてしまう大事件であった。文明と文化のあり方から、日々の生きるというくらしのあり方まで、その一切が、再構築されなければ、人間には、未来がない。
 大地震、大津波の天災は、昔から、飢餓とともに、人類の最大の天敵であった。衣食住(食べる、寝る、着る)と薬・医者は、生きるための必須条件である。生、老、病、死は誰も避けて、通ることができない。更に、今回は、原発事故という人災まで加わった。文明がうみだした、すべての機械は、電気という工ネルギーなしでは考えられない。
 人カ、風力、水力、火力と、だんだんと、膨大な工ネルギーが必要になって、終に、人間は、原子エネルギーを開発し、手に入れたかに見えた。一日の生活を考えてみる。歯みがき(水道)トイレ(自動)炊飯、冷蔵庫、掃除機、テレビ、電子レンジ、電話、パソコン、クーラー、風呂、(家)には、エネルギーを必要とする機器があふれている。外に出れば、車、エレベーター、電車、船、飛行機、会社、工場、商店、膨大なエネルギーが使用されている。戦後六十余年、われわれの文明が作り出した、生活を快適にするための、便利にするための、モノばかりである。
 深く疑うこともなく、文明による“豊かさ”を享受してきた、日本人である。“一億総中流”と妄信して、あふれるものを消費する“美徳”を、謳歌してきた、日本人であった。高度成長という名のもとに。そして、日本が、経済が失速して、失われた、10年、20年で、繁栄の時代が終わった。
 心の時代、コンクリートから人へと叫ばれながら、文化は、いったい、どうなったのか。文学、音楽、絵画、宗教、建築、芸能、芸術、文化は、文明にカ負けして、片隅へと追いやられ、モノの時代は、数と量を誇って、いまも、続いている。
 人類は、人口問題が、最大の危機であると警鐘を鳴らし続けてきた。もう、数十年前から、地球の資源、エネルギーでは、50億人以上は、食べて、生活することはできない、と専門家たちは、予測していた。
 国連によると、2011年、つまり、今年の10月で、世界の人口は70億人に達する。中国、インド、アフリカ、その他の発展途上国の人口増で、この10年毎に、10億人単位で増えてきたのだ。2100年には、終に、100億人に達する予測だ。(食料、水、エネルギーの供給は、果たして可能だろうか?)
その一方で、先進国、日本、イギリス、フランス、イタリア、韓国などでは、人口は減り続けて、少子高齢社会に突入している。
 「超高齢社会」(坂田期雄著)は、現在の日本の人口減から発生する問題を、福祉、介護、医療、経済、年金の分野から、分折を試みている。資料、データーはもちろん、(現場)での実例を加えて、グラフや表を活用して、“日本の現在の姿”を浮き掘りにしている。
 地域社会の崩壊、限界集落から都市での、孤独死、無縁社会化、若者たちの貧困、正社員・契約社員・派遺社員、パート、アルバイト、フリーター、ニートと、「階層化する職場」の実体と、寒々しいほどの、厳しい、日本社会の実態が、「超高齢社会」という本の中にある。さて、どのようなビジョンを描けるのか? 読者の一人一人が、(現実)を知って、それぞれが生きる、地域で、職場で、問題意識を共有して、実践するしかあるまい。もちろん、国、県、市町村が、日本人が、元気で、将来を生きぬくために、ビジョンを画き、計画を立てて、社会を、先導しなければならない。
 衣食住+人口問題+エネルギー問題。“原発事故“は、文明のあり方を、大転換する、人類の危機である。
 人口問題の根底にあるエネルギー問題を、放っておく訳にはいかない。生きている限り、誰もが、エネルギーを使い、消費する者である。責任は、一人一人の、生き方・考え方にかかっている。
 逃げることも、避けることも、無関係だと言いのがれをすることも出来ない。“原子力”は、人間がコントロールできない。数十万年とか、百万年とか、何億年とか、原子力の単位は、たかだか、百年くらいしか生きることのできない人間には、怪物・魔物だとしか言えない。科学の(知)が及ばない。
不可能である。不可知である。不確実である。不可測である。人類の(知)は、まだまだ、(宇宙)単位の時間、空間から考えると、小さな、小さな一歩にすぎない。原子力は手に負えない。
 人間は、文明から文化へと、一歩を進めるべきではないのか。「超高齢社会」は、人間が、成熟する社会であるべきだ。
 20年以上、全国の、企業や市町村を歩いた。約2500ケ所くらいの市町村を尋ねた。エイズ、O157、生活習慣病の予防と実践。ウォーキング講習会では、全国の住民の方々と、その地元の町を歩いた。
 今回、東日本大震災で、甚大な被害を被った、釜石、大船渡、広野、志津川、ひたちなか市、旭市……ほとんどの市町村を訪問している。太平洋に面した、日本の、美しい、風景と、素朴な、共同体を重視して生きている人々、一瞬にして、一切が、消えた驚愕。(無)である。(無常)である。
 一緒に歩いた人々の顔、宿ったホテル、民宿、国民宿舎……提防が、舟が、電柱が、車が、家が、役場が、学校が、眼の中に残っている風景が、一気に(無)へと雪崩れ込む恐怖。3.11は、人間の、意識を完全に変えた。
 東北は、高齢者が多い。このまま推移すると、人口は、900万人から500万人へと、半減すると予測されている。震災後の体育館などへの避難者の方々は、3分の2が、高齢者である。
 再建、復興へは、若い力、若い人たちの活力がいる。魅力のある、新しい街の出現が望まれる。エコタウンなど、将来の日本の、世界のモデルになる、夢のある高齢者社会の知恵が結晶した“東北の街”を望みたい。
“快適と便利“を追求してきた、日本の理念そのものが、新しく、生まれ変わらなければなるまい。
 生きるーー大事とは何か、必要とは何か、3・11は、そのことを、教えてくれたではないか。その時、日本人は、誰もが、同じ地点を見て、同じことを感じ、同じことを考えていたと思う。一緒に生きよう。あなたは私だ。
何か、してあげたい、困っている人に。そう、人間は、何度でも、出発できる。
(無)からの出発であっても、一緒に。
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

*

図説 基礎動物生理学(PDF版)

販売価格(税込): 1,893 円

生命現象を理解するための基礎となる生理学。本書では、図・写真を多用し、哺乳類の生理学を学ぶ初心者向け、生理学を通じて生命の仕組みの全体像を判りやすく解説した。

実験動物のトラブルQ&A 系統・種の特性に起因する事例から(PDF版)

販売価格(税込): 3,024 円

実験動物を使用する若手の研究者や技術者、ならびにこれまであまり動物を使用したことのない研究者を対象に、実践に役立てられるよう100項目の具体的な事例を示し、【問】、【答】と【考えられる対策】というQ&A形式にしました。

アニマルマネジメント -動物管理・実験技術と最新ガイドラインの運用-(PDF版)

販売価格(税込): 2,160 円

本書は、マウス・ラットを取り扱う実験動物技術者のため、および動物実験を行う担当者のために作業の基本、実験の基本について注意点などを含めて述べた。
本書が実験動物の管理や動物実験に携わる技術者や研究者にとって、動物福祉に配慮した科学的に適正な動物実験実施のための道しるべとなることを願っている。

アニマルマネジメントII ‐管理者のための動物福祉実践マニュアル‐(PDF版)

販売価格(税込): 2,243 円

動愛法のガイドラインに準拠した実験動物の飼育管理方法等の手引書。『アニマルマネジメント』を手にされた管理者および上級者向けの書籍です。実験動物の観察方法から具体的な手順書作成の方法まで収載しています。

論文・プレゼンの科学 ―読ませる論文・卒論、聴かせるプレゼン、伝わる英語の公式―(PDF版)

販売価格(税込): 1,296 円

論文・レポートなど文章の書き方、上手なプレゼンテーションは、才能や努力ではなく、簡単な公理に基づく「科学」的なアプローチで得られるという視点から、誰もが少ない努力でこれらのスキルを習得できる方法を紹介します。

母性をめぐる生物学 ~ネズミから学ぶ~(PDF版)

販売価格(税込): 1,379 円

「母性」はどこから生まれるのでしょうか? わが子を慈しむのは動物も人間も同じです。本書では、母性の源となる体内のはたらきを、ネズミ(マウス、ラット)での神経研究、ホルモン研究、脳研究などで得られた知見から、わかりやすく紹介し、動物の母性行動の研究を通して人間の母性について考えていきます。

性をめぐる生物学 ―ネズミから学ぶ―(PDF版)

販売価格(税込): 1,379 円

なぜ、人間を含め動物にはオス(男)とメス(女)が存在するのでしょうか? 本書では、最新の性科学研究から得られた知見から、オス(男)、メス(女)にそれぞれ特有な行動、フェロモンのはたらき、脳のはたらきの違い、などをわかりやすく紹介します。