TopPage > 雑誌BIOPHILIA記事 > 実験技術

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

実験技術

12件の商品がございます。
風力発電-レンズ風車と洋上 浮体式複合エネルギーファーム

風力発電-レンズ風車と洋上 浮体式複合エネルギーファーム

販売価格(税込): 308
大屋 裕二

地球環境問題と同時に、昨今では化石燃料の代替、原子力依存からの脱却というエネルギー確保の問題から、再生可能エネルギーの開発利用に大きな期待が寄せられている。再生可能エネルギーは、言葉の通り、無尽蔵に利用でき、かつクリーンである。環境省の2011年3 月の報告書にもあるように、日本においても風力エネルギーのポテンシャルはずば抜けて大きい。
数量:
最新実験技術 : 第8回 ラットと小型移動ロボットのインタラクションに関する研究 ―人間とロボットの共生を考える新たな方法論の提案―

最新実験技術 : 第8回 ラットと小型移動ロボットのインタラクションに関する研究 ―人間とロボットの共生を考える新たな方法論の提案―

販売価格(税込): 308
石井裕之,西淳夫,木村裕

―ロボットテクノロジーと動物心理学の融合―

高齢化社会を迎えた我が国では、不足する労働人口を補う手段として、ロボットを活用すべしとの議論がさまざまな形で行われている。産業界におけるロボットの利用は1970年代より開始され、自動車産業をはじめとする製造業の領域では、もはやロボットは必要不可欠な存在となっている。
数量:
最新実験技術 : 第8回 Rodent Robot 3000

最新実験技術 : 第8回 Rodent Robot 3000

販売価格(税込): 308
小林英司,皆川真理子

2007年1月に始まった国会での論議、「“ゆとり教育”を見直し、授業時間を一割増やす」とする教育再生報告を受けて、親も子どもも振り回されそうである。「授業時間を増やし、学習指導要領を改訂。学校週5日制の見直しや、補習のための土曜スクールの開設」等々。現場で子どもの教育を担当している先生方も困惑を隠せないであろう。
数量:
最新実験技術 : 第6回 PET による薬物標的分子のin vivo イメージング

最新実験技術 : 第6回 PET による薬物標的分子のin vivo イメージング

販売価格(税込): 308
須原 哲也

20世紀後半に発展した分子生物学は、さまざまな分野に応用され、医学では遺伝子診断、遺伝子治療への応用が進み、ポストゲノムの時代を迎えて、分子レベルでの生体反応を非侵襲的に画像表示する、「分子イメージング」研究に大きな関心が寄せられている。なかでもPET(陽電子放射断層撮影法)は、分子イメージング研究の主要な方法であり、薬の評価への応用が注目を集めている。
数量:
最新実験技術 : 第5回 超音波装置を用いたin vivo イメージング ―エコーガイド下における胸腺内注入法の開発―

最新実験技術 : 第5回 超音波装置を用いたin vivo イメージング ―エコーガイド下における胸腺内注入法の開発―

販売価格(税込): 308
袴田 陽二, 小林 英司

最近、蛍光やバイオルミネッセンスを用いたin vivoイメージングシステムがバイオサイエンスの研究領域で注目されている。本誌でもこれらイメージングの有用性について紹介されてきた。本稿では、イメージングシステムの1 つである超音波装置を取り上げる。
数量:
最新実験技術 : 第5回 マイクロバブルを用いたDrug Delivery System ―非虚血性心筋症の新しい治療戦略―

最新実験技術 : 第5回 マイクロバブルを用いたDrug Delivery System ―非虚血性心筋症の新しい治療戦略―

販売価格(税込): 308
岩崎 真佳, 足立 靖, 池原 進

長年、マイクロバブルはおもに診断を目的とした心エコー検査で用いられてきた。とくに超音波によるマイクロバブルの破壊と再充満が心筋内の微小循環の評価を可能にしたわけであるが、一方で、超音波によるマイクロバブルの破壊が骨格筋内でcapillary ruptureや赤血球のextravasationを引き起こすことが報告されている。
数量:
最新実験技術 : 第4回 ラット持続血圧測定とその応用

最新実験技術 : 第4回 ラット持続血圧測定とその応用

販売価格(税込): 308
上村 和紀, 鄭 燦

ラットやマウスなどの小型実験動物は、いまや心臓血管領域の研究には必要不可欠のものとなっている。これらの動物は高血圧あるいは心不全などの多様な心血管疾患モデルを提供し、それらの分子レベルでの解析を可能にしてくれる。
数量:
最新実験技術 : 第4回 ラット持続肝動注モデルの開発と展望

最新実験技術 : 第4回 ラット持続肝動注モデルの開発と展望

販売価格(税込): 308
原 知憲, 村上 孝, 小林 英司

肝動脈を介し、抗がん剤等を肝臓に直接投与するといった肝動注療法が臨床の場で試みられるようになったのは1980年代からである。肝悪性腫瘍に対して高濃度の抗がん剤を投与できるだけでなく、全身投与に比べその副作用の発生頻度を抑えられると考えられ、現在では広く臨床の場で実施されており、使用カテーテルの改良およびその手技においても日々進歩している。
数量:
最新実験技術 : 第3回 無拘束実験技術 ―古くて新しい技術― / マウス持続胆汁採取 ―ヒトの胆汁を分泌するマウス―

最新実験技術 : 第3回 無拘束実験技術 ―古くて新しい技術― / マウス持続胆汁採取 ―ヒトの胆汁を分泌するマウス―

販売価格(税込): 308
添野 吉徳, 堀江 透

キメラマウスから非拘束的に胆汁を長期間回収することができれば、半減期の長い胆汁代謝物の回収が可能となる。同じ個体を用いて反復投与試験も可能で、代謝物の大量回収も回収可能になる。大量の代謝物が回収できれば、代謝物の構造決定が容易になる。
数量:
最新実験技術 : 第3回 無拘束実験技術 ―古くて新しい技術― / ラット持続胆汁採取とその応用 ―飲水に"生食"を使うのがコツ―

最新実験技術 : 第3回 無拘束実験技術 ―古くて新しい技術― / ラット持続胆汁採取とその応用 ―飲水に"生食"を使うのがコツ―

販売価格(税込): 308
水田 耕一

ヒトにおける新しい治療法を開発するには、小動物においてヒトの病気を模倣する必要がある。胆汁外瘻は、閉塞性黄疸患者において一般的に行われているにもかかわらず、ラットでは長期間の生存が得られ難い。胆汁外瘻ラットを生かすためにはちょっとした工夫が必要であった。ここではそのコツを紹介する。
数量:
最新実験技術 : 第2回 Luceferase Naked DNA遺伝子 導入法の肝移植実験への応用

最新実験技術 : 第2回 Luceferase Naked DNA遺伝子 導入法の肝移植実験への応用

販売価格(税込): 308
井上 成一朗, 小林 英司

臓器移植医療は、1980年代からのカルシニューリンインヒビター導入により急性期の予後は改善された。今後、長期予後の改善や免疫抑制薬フリーの治療の期待がある。とくに、種々の免疫調節に関与する新しい遺伝子が明らかにされ、従来法に遺伝子治療を組み合わせたcombination therapyが、次世代を担う新しい治療法として期待されている。
数量:
最新実験技術 : 第2回 Luciferaseを利用したがん研究

最新実験技術 : 第2回 Luciferaseを利用したがん研究

販売価格(税込): 308
大澤 一郎, 松本 光史, 村上 孝, 小林 英司

非侵襲的イメージング技術の分子細胞生物学への応用が試みられるようになったのは、遺伝子導入技術の発達と相まって1990年代初めである。磁気(MRI)、核(γカメラ、PETなど)と並んで、この時期に生まれた非侵襲的イメージング技術が小動物に対する生体内光学イメージング技術の始まりである。
数量:

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

*

図説 基礎動物生理学(PDF版)

販売価格(税込): 1,893 円

生命現象を理解するための基礎となる生理学。本書では、図・写真を多用し、哺乳類の生理学を学ぶ初心者向け、生理学を通じて生命の仕組みの全体像を判りやすく解説した。

実験動物のトラブルQ&A 系統・種の特性に起因する事例から(PDF版)

販売価格(税込): 3,024 円

実験動物を使用する若手の研究者や技術者、ならびにこれまであまり動物を使用したことのない研究者を対象に、実践に役立てられるよう100項目の具体的な事例を示し、【問】、【答】と【考えられる対策】というQ&A形式にしました。

アニマルマネジメント -動物管理・実験技術と最新ガイドラインの運用-(PDF版)

販売価格(税込): 2,160 円

本書は、マウス・ラットを取り扱う実験動物技術者のため、および動物実験を行う担当者のために作業の基本、実験の基本について注意点などを含めて述べた。
本書が実験動物の管理や動物実験に携わる技術者や研究者にとって、動物福祉に配慮した科学的に適正な動物実験実施のための道しるべとなることを願っている。

アニマルマネジメントII ‐管理者のための動物福祉実践マニュアル‐(PDF版)

販売価格(税込): 2,243 円

動愛法のガイドラインに準拠した実験動物の飼育管理方法等の手引書。『アニマルマネジメント』を手にされた管理者および上級者向けの書籍です。実験動物の観察方法から具体的な手順書作成の方法まで収載しています。

論文・プレゼンの科学 ―読ませる論文・卒論、聴かせるプレゼン、伝わる英語の公式―(PDF版)

販売価格(税込): 1,296 円

論文・レポートなど文章の書き方、上手なプレゼンテーションは、才能や努力ではなく、簡単な公理に基づく「科学」的なアプローチで得られるという視点から、誰もが少ない努力でこれらのスキルを習得できる方法を紹介します。

母性をめぐる生物学 ~ネズミから学ぶ~(PDF版)

販売価格(税込): 1,379 円

「母性」はどこから生まれるのでしょうか? わが子を慈しむのは動物も人間も同じです。本書では、母性の源となる体内のはたらきを、ネズミ(マウス、ラット)での神経研究、ホルモン研究、脳研究などで得られた知見から、わかりやすく紹介し、動物の母性行動の研究を通して人間の母性について考えていきます。

性をめぐる生物学 ―ネズミから学ぶ―(PDF版)

販売価格(税込): 1,379 円

なぜ、人間を含め動物にはオス(男)とメス(女)が存在するのでしょうか? 本書では、最新の性科学研究から得られた知見から、オス(男)、メス(女)にそれぞれ特有な行動、フェロモンのはたらき、脳のはたらきの違い、などをわかりやすく紹介します。