TopPage > 雑誌BIOPHILIA記事 > 障害

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

障害

9件の商品がございます。
においと脳のメカニズム

においと脳のメカニズム

販売価格(税込): 308
外池光雄

においは、私たちの生活において大変重要な役割を担っている。例えば、においによって食べ物が腐っていないかどうかを判断したり、焦げくさいにおいがする時には、火事の危険を察知することができる。
数量:
双極性障害における神経生物学的研究

双極性障害における神経生物学的研究

販売価格(税込): 308
加藤忠史

双極性障害の治療には気分安定薬が用いられ、なかでもリチウムはもっとも確立した治療薬である。その他、バルプロ酸、カルバマゼピンなどが、気分安定薬として広く用いられる。また、クエチアピン、オランザピンなどの非定型抗精神病薬の有効性も報告されている。
数量:
アクアポリン水チャネルの多彩な機能とその障害

アクアポリン水チャネルの多彩な機能とその障害

販売価格(税込): 308
石橋賢一

生物に水は必須であり、水を効率よく通す水チャネルは、細菌からすべての生物に存在している(表1)。しかし、細胞膜は水をよく通すので、水チャネルがなくてもそれほど困らないのも事実である。水チャネル(アクアポリン:AQP)は1990年代の初めに分子実体が明らかになった分子量3万程の6回膜貫通膜タンパクである(図1)。
数量:
発達障害の要因となる神経毒性をもつ環境化学物質

発達障害の要因となる神経毒性をもつ環境化学物質

販売価格(税込): 308
木村・黒田純子,黒田洋一郎

学習障害(LD)、注意欠陥/多動性障害(AD/HD)、アスペルガー症候群、知的障害をもたない自閉症(高機能自閉症)など、軽度の発達障害が近年著しく増加しており、大きな社会問題となっている。知的レベル(IQ)では正常なのに、計算や読字ができない、じっとできない、対人関係が築けないなどの学童が増え、特別支援教育も始まっている。
数量:
ヒトの心の発達とその精神病理の理解を目指して : 第1回 情動発達とその障害発症機構 ―扁桃体の役割―

ヒトの心の発達とその精神病理の理解を目指して : 第1回 情動発達とその障害発症機構 ―扁桃体の役割―

販売価格(税込): 308
西条 寿夫,小野武年

最近の研究から、これら情動機能は、生まれつきのものではなく(すなわち、胎生期における脳の形成だけでなく)、社会生活における経験と学習により少なくとも思春期まで長期にわたって発達していくことが示唆されている。
数量:
東洋医学と生命科学の融合を目指して : 第2回 更年期障害例、婦人科癌症例に対する東洋医学、西洋医学に基づく個の医療の創生

東洋医学と生命科学の融合を目指して : 第2回 更年期障害例、婦人科癌症例に対する東洋医学、西洋医学に基づく個の医療の創生

販売価格(税込): 308
日高 隆雄, 斎藤 滋

更年期症状は、閉経周辺の卵巣機能低下によるエストロゲンの急激な減少を背景とし、さまざまな社会的・文化的環境変化や、患者自身の精神心理が複雑に影響しあって、結果的に多彩な不定愁訴となって現れる。そのため、症状が多岐にわたり、かつ複雑になることもあり、治療に苦慮することも多い。
数量:
網膜の障害に対する脳の反応 ―網膜損傷と視覚中枢の可塑性―

網膜の障害に対する脳の反応 ―網膜損傷と視覚中枢の可塑性―

販売価格(税込): 308
今村 一之

―なぜ網膜の障害に対する自覚症状は遅れるのか?―

脳の主たる機能は、個体を連続的に変化する環境に溶けこませていくことである。この統合機能の一部は、生後発達の初期過程を通して達成され、その後は学習によって担われていく。
数量:
ヒトと動物の共生へ : 第3回 ヒトとウマの新しい関係 ―ヒポセラピー―

ヒトと動物の共生へ : 第3回 ヒトとウマの新しい関係 ―ヒポセラピー―

販売価格(税込): 308
局 博一

ヒポセラピーは、いわゆる障害者のリハビリテーションに対して使われるが、ヒポセラピーの心身への効果自体は、健常者も障害者も関係なく共通して認められるものであり、また、高齢者や成人病が多くなってきた現在では、ヒポセラピーの活動範囲あるいは適用範囲はかなり広いものになってきており、健常者をも対象にした地域の連帯や教育活動の一環としても注目されている。
数量:
ヒトと動物の共生へ : 第1回 「アニマルセラピー」とは ―のぞみ牧場学園における発達障害児への「アニマルセラピー」の実践と課題―

ヒトと動物の共生へ : 第1回 「アニマルセラピー」とは ―のぞみ牧場学園における発達障害児への「アニマルセラピー」の実践と課題―

販売価格(税込): 308
津田 望

近年ペットを飼う人口が急増し、その呼び名も「コンパニオンアニマル」や「パートナーアニマル」などといわれるようになり、同時に動物とヒトとの関係も変化しつつある。そのことが、ヒトへ与える影響について、とくに1960年代以降、医学・心理学的検査の手法の発達とともに、より頻繁に検証されるようになった。
数量:

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

*

図説 基礎動物生理学(PDF版)

販売価格(税込): 1,893 円

生命現象を理解するための基礎となる生理学。本書では、図・写真を多用し、哺乳類の生理学を学ぶ初心者向け、生理学を通じて生命の仕組みの全体像を判りやすく解説した。

実験動物のトラブルQ&A 系統・種の特性に起因する事例から(PDF版)

販売価格(税込): 3,024 円

実験動物を使用する若手の研究者や技術者、ならびにこれまであまり動物を使用したことのない研究者を対象に、実践に役立てられるよう100項目の具体的な事例を示し、【問】、【答】と【考えられる対策】というQ&A形式にしました。

アニマルマネジメント -動物管理・実験技術と最新ガイドラインの運用-(PDF版)

販売価格(税込): 2,160 円

本書は、マウス・ラットを取り扱う実験動物技術者のため、および動物実験を行う担当者のために作業の基本、実験の基本について注意点などを含めて述べた。
本書が実験動物の管理や動物実験に携わる技術者や研究者にとって、動物福祉に配慮した科学的に適正な動物実験実施のための道しるべとなることを願っている。

アニマルマネジメントII ‐管理者のための動物福祉実践マニュアル‐(PDF版)

販売価格(税込): 2,243 円

動愛法のガイドラインに準拠した実験動物の飼育管理方法等の手引書。『アニマルマネジメント』を手にされた管理者および上級者向けの書籍です。実験動物の観察方法から具体的な手順書作成の方法まで収載しています。

論文・プレゼンの科学 ―読ませる論文・卒論、聴かせるプレゼン、伝わる英語の公式―(PDF版)

販売価格(税込): 1,296 円

論文・レポートなど文章の書き方、上手なプレゼンテーションは、才能や努力ではなく、簡単な公理に基づく「科学」的なアプローチで得られるという視点から、誰もが少ない努力でこれらのスキルを習得できる方法を紹介します。

母性をめぐる生物学 ~ネズミから学ぶ~(PDF版)

販売価格(税込): 1,379 円

「母性」はどこから生まれるのでしょうか? わが子を慈しむのは動物も人間も同じです。本書では、母性の源となる体内のはたらきを、ネズミ(マウス、ラット)での神経研究、ホルモン研究、脳研究などで得られた知見から、わかりやすく紹介し、動物の母性行動の研究を通して人間の母性について考えていきます。

性をめぐる生物学 ―ネズミから学ぶ―(PDF版)

販売価格(税込): 1,379 円

なぜ、人間を含め動物にはオス(男)とメス(女)が存在するのでしょうか? 本書では、最新の性科学研究から得られた知見から、オス(男)、メス(女)にそれぞれ特有な行動、フェロモンのはたらき、脳のはたらきの違い、などをわかりやすく紹介します。