TopPage > 雑誌BIOPHILIA記事 > 実験動物

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

実験動物

19件の商品がございます。
動物実験による放射線発がん

動物実験による放射線発がん

販売価格(税込): 308
小木曽洋一

放射線は目には見えないが、物質を電離(イオン化)する作用を持つエネルギーの流れであり、細胞(とくにDNAを含む細胞核)に吸収されると、がん等さまざまな健康影響が現れることがわかっている。
数量:
NBRP紹介 : 実験動物マウス ―世界最高水準のヒトのモデル動物の整備―

NBRP紹介 : 実験動物マウス ―世界最高水準のヒトのモデル動物の整備―

販売価格(税込): 308
吉木淳

マウスは実験動物として100年以上の歴史があり、遺伝や疾患に関する知見が蓄積している。特に、遺伝的に均一な近交系が存在することにより再現性の高い実験が可能である。
数量:
江戸の、そして平成の『養鼠玉のかけはし』

江戸の、そして平成の『養鼠玉のかけはし』

販売価格(税込): 308
庫本高志

江戸時代の明和年間(1764~71年)、ネズミを愛玩動物(ペット)として飼育することが大坂で流行し始めた。ペットとしてのネズミに求められたものは、飼いならしやすさと繁殖性、そして、誰もみたことがないような珍しい毛色や模様を備えていることであった。毛色としては白毛、玉子色、薄紫色、藤色などが、また、模様としては、斑まだら、熊斑、鹿斑などが珍重されていた。
数量:
新しい実験動物: 超小型ブタ「マイクロミニブタ」

新しい実験動物: 超小型ブタ「マイクロミニブタ」

販売価格(税込): 308
伊藤勝彦

まずは図1をご覧いただきたい。一番大きいのが食肉用の一般ブタ(出荷時で約80kg~100kg)、中くらいのサイズが、いわゆる「ミニブタ」といわれるもので、医学、薬学、生物学研究に使われている(約40kg~80kg)。一番小さいのが、超小型ブタ、私たちが開発した「マイクロミニブタ」である(体重10kg以下)。
数量:
NBRP紹介 : ラット―ヒトのモデルとしての活用―

NBRP紹介 : ラット―ヒトのモデルとしての活用―

販売価格(税込): 308
芹川忠夫

ラットは、マウスと同様に遺伝と環境の両面を厳格にコントロールした条件下で実験をデザインすることができる。また、必要な数を容易に準備することができ、生体試料の採取や観察あるいは実験処置がしやすい適当な大きさである。実際に、医学、薬学、生物学、栄養学、心理学、遺伝学などの研究分野において、ラットは古くから活用されてきた。
数量:
ヒトの心の発達とその精神病理の理解を目指して : 第3回 遺伝子操作マウスを用いた情動制御機構の解析

ヒトの心の発達とその精神病理の理解を目指して : 第3回 遺伝子操作マウスを用いた情動制御機構の解析

販売価格(税込): 308
井上蘭,森寿

恐れや怒り、喜びなどの感情は、ヒトの適応行動に必要な心の働きであり、学習や記憶や意欲などとも深く結びついている。感情を自然科学の対象として取り扱う時には、「情動」とよび、感情に伴う自律神経活動の変化(心拍数や血圧の変化など)やそのほかの身体的変化(顔の表情、筋の緊張の変化など)、あるいは感情が生じている時に示す行動変化などを研究対象とする。
数量:
「きぼう」での日本発宇宙生物実験

「きぼう」での日本発宇宙生物実験

販売価格(税込): 308
矢野幸子

― 国際宇宙ステーション(ISS)・日本実験棟「きぼう」

国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングされる日本初の有人実験施設となる実験棟「きぼう」の最初の打ち上げが間近になってきた。「きぼう」(図1)は全部で3回に分けて打ち上げられる。
数量:
生命科学の進展に寄せて : 動物福祉と動物実験代替法への考慮の必要性について

生命科学の進展に寄せて : 動物福祉と動物実験代替法への考慮の必要性について

販売価格(税込): 308
大野泰雄

社会へ向けて実験の意義を示さなければならない

生命科学の研究や教育、医薬品等の有効性及び安全性評価において、培養細胞等を用いるin vitro研究が増加している。
数量:
ビオフィリア座談会 第1回 : 実験動物の福祉と動物実験の倫理 ―動物実験のあり方、捉え方を考える―

ビオフィリア座談会 第1回 : 実験動物の福祉と動物実験の倫理 ―動物実験のあり方、捉え方を考える―

販売価格(税込): 308
石井敦子,片平清昭,小林英司,清水弟,樋野興夫

今回は「実験動物の福祉と動物実験の倫理―動物実験のあり方、捉え方を考える―」というテーマで座談会を開きたいと思います。
数量:
中国における実験動物福祉法制定の動き

中国における実験動物福祉法制定の動き

販売価格(税込): 308
史 晓萍, 董 婉维, 尚 昌连, 王 禄增

中国においては、動物福祉を話題にしても、そのことを知らない人々が存在する。実際には、動物福祉問題は、国際的にずっと前から人々の関心が深い問題になっている。現在、世界中ですでに100 以上の国あるいは国際組織が動物福祉法を制定している。
数量:
最新実験技術 : 第4回 ラット持続血圧測定とその応用

最新実験技術 : 第4回 ラット持続血圧測定とその応用

販売価格(税込): 308
上村 和紀, 鄭 燦

ラットやマウスなどの小型実験動物は、いまや心臓血管領域の研究には必要不可欠のものとなっている。これらの動物は高血圧あるいは心不全などの多様な心血管疾患モデルを提供し、それらの分子レベルでの解析を可能にしてくれる。
数量:
実験用カニクイザルの国外安定供給を目指す中国肇慶創薬生物科技有限公司を訪ねて

実験用カニクイザルの国外安定供給を目指す中国肇慶創薬生物科技有限公司を訪ねて

販売価格(税込): 308
劉 陽

中国北京市で開催された国際実験動物科学会議(ICLAS)シンポジウム参加の機会を利用して、本年10月10日に広東省高要市にある肇慶創薬生物科技有限公司(SNBL CHINA)を訪ねた。この施設は、日本と米国のための実験用霊長類の繁殖、輸出を目的に設立された日本の(株)新日本科学(SNBL)の100%出資企業である。
数量:
中国に実験動物福祉法制定の動き ―中国の現状―

中国に実験動物福祉法制定の動き ―中国の現状―

販売価格(税込): 308
劉 陽

私の手元に2004年12月刊行の「動物曁実験動物福利学法規進展(動物福祉および実験動物福祉法規の進展)」(遼寧民族出版社)がある。これは、中国医科大学実験動物部の王禄増部長、国家瀋陽新薬安全評価センターの王捷所長および中国科学技術部経理司の王海英副課長が中心になって編纂したもので、中国における動物福祉と実験動物福祉に関する姿勢を示している。
数量:
実験動物の飲料水 ―中国の現状―

実験動物の飲料水 ―中国の現状―

販売価格(税込): 308
劉 陽

中国で日常の飲用に供されている水道水の水質は、日本のそれと比べて明らかによくないのである。そのため、ヒトの飲用においては勿論であるが、中国の先進的な複数の施設では、実験動物の飲料水として市販のミネラルウォーター(鉱泉水)や純水が用いられている。
数量:
宇宙への本格進出を前に ―宇宙実験動物の福祉と倫理を考える―

宇宙への本格進出を前に ―宇宙実験動物の福祉と倫理を考える―

販売価格(税込): 308
片平 清昭

宇宙での動物の飼育や実験には特殊な生命維持装置が使用される。ISS用としての水棲動物用飼育装置の製作はスペースシャトルでのメダカの実験等これまでの実績から日本が担当しており、ほぼ完成しているとの情報を得ている。
数量:

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

*

図説 基礎動物生理学(PDF版)

販売価格(税込): 1,893 円

生命現象を理解するための基礎となる生理学。本書では、図・写真を多用し、哺乳類の生理学を学ぶ初心者向け、生理学を通じて生命の仕組みの全体像を判りやすく解説した。

実験動物のトラブルQ&A 系統・種の特性に起因する事例から(PDF版)

販売価格(税込): 3,024 円

実験動物を使用する若手の研究者や技術者、ならびにこれまであまり動物を使用したことのない研究者を対象に、実践に役立てられるよう100項目の具体的な事例を示し、【問】、【答】と【考えられる対策】というQ&A形式にしました。

アニマルマネジメント -動物管理・実験技術と最新ガイドラインの運用-(PDF版)

販売価格(税込): 2,160 円

本書は、マウス・ラットを取り扱う実験動物技術者のため、および動物実験を行う担当者のために作業の基本、実験の基本について注意点などを含めて述べた。
本書が実験動物の管理や動物実験に携わる技術者や研究者にとって、動物福祉に配慮した科学的に適正な動物実験実施のための道しるべとなることを願っている。

アニマルマネジメントII ‐管理者のための動物福祉実践マニュアル‐(PDF版)

販売価格(税込): 2,243 円

動愛法のガイドラインに準拠した実験動物の飼育管理方法等の手引書。『アニマルマネジメント』を手にされた管理者および上級者向けの書籍です。実験動物の観察方法から具体的な手順書作成の方法まで収載しています。

論文・プレゼンの科学 ―読ませる論文・卒論、聴かせるプレゼン、伝わる英語の公式―(PDF版)

販売価格(税込): 1,296 円

論文・レポートなど文章の書き方、上手なプレゼンテーションは、才能や努力ではなく、簡単な公理に基づく「科学」的なアプローチで得られるという視点から、誰もが少ない努力でこれらのスキルを習得できる方法を紹介します。

母性をめぐる生物学 ~ネズミから学ぶ~(PDF版)

販売価格(税込): 1,379 円

「母性」はどこから生まれるのでしょうか? わが子を慈しむのは動物も人間も同じです。本書では、母性の源となる体内のはたらきを、ネズミ(マウス、ラット)での神経研究、ホルモン研究、脳研究などで得られた知見から、わかりやすく紹介し、動物の母性行動の研究を通して人間の母性について考えていきます。

性をめぐる生物学 ―ネズミから学ぶ―(PDF版)

販売価格(税込): 1,379 円

なぜ、人間を含め動物にはオス(男)とメス(女)が存在するのでしょうか? 本書では、最新の性科学研究から得られた知見から、オス(男)、メス(女)にそれぞれ特有な行動、フェロモンのはたらき、脳のはたらきの違い、などをわかりやすく紹介します。