TopPage > 雑誌BIOPHILIA記事 > 実験動物

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

実験動物

8件の商品がございます。
動物実験による放射線発がん

動物実験による放射線発がん

販売価格(税込): 308
小木曽洋一

放射線は目には見えないが、物質を電離(イオン化)する作用を持つエネルギーの流れであり、細胞(とくにDNAを含む細胞核)に吸収されると、がん等さまざまな健康影響が現れることがわかっている。
数量:
NBRP紹介 : 実験動物マウス ―世界最高水準のヒトのモデル動物の整備―

NBRP紹介 : 実験動物マウス ―世界最高水準のヒトのモデル動物の整備―

販売価格(税込): 308
吉木淳

マウスは実験動物として100年以上の歴史があり、遺伝や疾患に関する知見が蓄積している。特に、遺伝的に均一な近交系が存在することにより再現性の高い実験が可能である。
数量:
江戸の、そして平成の『養鼠玉のかけはし』

江戸の、そして平成の『養鼠玉のかけはし』

販売価格(税込): 308
庫本高志

江戸時代の明和年間(1764~71年)、ネズミを愛玩動物(ペット)として飼育することが大坂で流行し始めた。ペットとしてのネズミに求められたものは、飼いならしやすさと繁殖性、そして、誰もみたことがないような珍しい毛色や模様を備えていることであった。毛色としては白毛、玉子色、薄紫色、藤色などが、また、模様としては、斑まだら、熊斑、鹿斑などが珍重されていた。
数量:
新しい実験動物: 超小型ブタ「マイクロミニブタ」

新しい実験動物: 超小型ブタ「マイクロミニブタ」

販売価格(税込): 308
伊藤勝彦

まずは図1をご覧いただきたい。一番大きいのが食肉用の一般ブタ(出荷時で約80kg~100kg)、中くらいのサイズが、いわゆる「ミニブタ」といわれるもので、医学、薬学、生物学研究に使われている(約40kg~80kg)。一番小さいのが、超小型ブタ、私たちが開発した「マイクロミニブタ」である(体重10kg以下)。
数量:
NBRP紹介 : ラット―ヒトのモデルとしての活用―

NBRP紹介 : ラット―ヒトのモデルとしての活用―

販売価格(税込): 308
芹川忠夫

ラットは、マウスと同様に遺伝と環境の両面を厳格にコントロールした条件下で実験をデザインすることができる。また、必要な数を容易に準備することができ、生体試料の採取や観察あるいは実験処置がしやすい適当な大きさである。実際に、医学、薬学、生物学、栄養学、心理学、遺伝学などの研究分野において、ラットは古くから活用されてきた。
数量:
ヒトの心の発達とその精神病理の理解を目指して : 第3回 遺伝子操作マウスを用いた情動制御機構の解析

ヒトの心の発達とその精神病理の理解を目指して : 第3回 遺伝子操作マウスを用いた情動制御機構の解析

販売価格(税込): 308
井上蘭,森寿

恐れや怒り、喜びなどの感情は、ヒトの適応行動に必要な心の働きであり、学習や記憶や意欲などとも深く結びついている。感情を自然科学の対象として取り扱う時には、「情動」とよび、感情に伴う自律神経活動の変化(心拍数や血圧の変化など)やそのほかの身体的変化(顔の表情、筋の緊張の変化など)、あるいは感情が生じている時に示す行動変化などを研究対象とする。
数量:
「きぼう」での日本発宇宙生物実験

「きぼう」での日本発宇宙生物実験

販売価格(税込): 308
矢野幸子

― 国際宇宙ステーション(ISS)・日本実験棟「きぼう」

国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングされる日本初の有人実験施設となる実験棟「きぼう」の最初の打ち上げが間近になってきた。「きぼう」(図1)は全部で3回に分けて打ち上げられる。
数量:
生命科学の進展に寄せて : 動物福祉と動物実験代替法への考慮の必要性について

生命科学の進展に寄せて : 動物福祉と動物実験代替法への考慮の必要性について

販売価格(税込): 308
大野泰雄

社会へ向けて実験の意義を示さなければならない

生命科学の研究や教育、医薬品等の有効性及び安全性評価において、培養細胞等を用いるin vitro研究が増加している。
数量:

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

*

実験動物のケアと使用に関する指針第8版の本文内に使われたMust,Should,Mayの解析(PDF版)

販売価格(税込): 1,620 円

論説は米国実験動物研究協会が改訂した"実験動物のケアと使用に関する指針"第8版の本文中に出現するmust,should,mayについて解析したものである。原著者であるDr.Richersonに日本語翻訳の許可を得て翻訳したものである。特にここではAAALAC Intemationalの認証に重要とされるmust,should,mayついて解析を行った。
用語の多くは日本実験動物学会が監訳した"実験動物の管理と使用に関する指針"(2011)を参照したが,疑問のある用語にかんしては翻訳者が適宜改訂した。(はじめに)より

実験動物のトラブルQ&A 系統・種の特性に起因する事例から(PDF版)

販売価格(税込): 3,024 円

実験動物を使用する若手の研究者や技術者、ならびにこれまであまり動物を使用したことのない研究者を対象に、実践に役立てられるよう100項目の具体的な事例を示し、【問】、【答】と【考えられる対策】というQ&A形式にしました。

ポイントチェック 2級実験動物技術者認定試験対策問題集(PDF版)

販売価格(税込): 1,728 円

本書は「2級実験動物技術者認定試験」の過去に出題された学科試験問題ならびに解答(案)で構成しています。試験問題は、本試験の公式テキストである『実験動物の技術と応用 入門編』(以下、テキスト)に記載されている内容から出題されます。問題を解く前にテキストでの学習をお勧めします。本書では、受験必須の、テキスト「総論」と、選択試験である「各論」(「マウス・ラット・その他の小動物」「モルモット」「ウサギ」「イヌ」「サル類」「ブタ」「トリ類」「ネコ」「魚類、両生類、その他」から1 動物種を選択)のうち、大半の受験者が選択する「マウス・ラット・その他の小動物(その他のげっ歯類〔ハムスター類、スナネズミ〕が出題範囲)」を取り上げ、解答(案)に加え、テキストでの出題箇所の記載ページを付記しました。上記に加え、学習のポイント(ポイントと表記)を付記し、テキストでの学習とあわせて問題を解くことでより理解が深まるよう工夫をしました。

人道的な実験技術の原理 -実験動物技術の基本原理3Rの原点-(PDF版)

販売価格(税込): 2,592 円

原書『The Principles of Humane Experimental Technique』が刊行されてから50年あまり。
この本が唱えた3Rの原理は現在も動物施者の基本原理となっているが、著者である、RussellとBurchは、この本で何を述べているのか知る人は、極めて少ない。
本書を出すことにより我が国においてますます3Rの原理が広く普及し、より適正な動物実験が実施されることを願ったものである。

論文・プレゼンの科学 ―読ませる論文・卒論、聴かせるプレゼン、伝わる英語の公式―(PDF版)

販売価格(税込): 1,296 円

論文・レポートなど文章の書き方、上手なプレゼンテーションは、才能や努力ではなく、簡単な公理に基づく「科学」的なアプローチで得られるという視点から、誰もが少ない努力でこれらのスキルを習得できる方法を紹介します。

町おこしin羽後町 ~美少女イラストを使ってやってみた~(PDF版)

販売価格(税込): 1,029 円

美少女イラスト入り「あきたこまち」、スティックポスターin羽後町、かがり美少女イラストコンテスト・・・
町おこしの例を美少女のイラストを用いて説明した。