TopPage > 雑誌BIOPHILIA記事 > 食

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

46件の商品がございます。
『石割桜の酵母』による 震災復興支援

『石割桜の酵母』による 震災復興支援

販売価格(税込): 308
笠井 宏朗

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所(以下、北里海洋バイオ研)は、2008年に、前身である株式会社海洋バイオテクノロジー研究所から海洋微生物バンクを引き継いで開所された北里大学感染制御研究機構の付置研究機関である。研究所は、岩手県釜石市の平田湾に面し、岩手県水産技術センター等と近接した海洋研究機関の集積地に位置していた。2011年3月11日の東日本大震災津波によって・・・
数量:
菜の花で津波塩害 農地を蘇らせる

菜の花で津波塩害 農地を蘇らせる

販売価格(税込): 308
中井 裕

東日本大震災による津波は、宮城県だけでも水田1 万ha(後の県の正式発表では1.43 万ha)に被害を与えた。地域自立型のエネルギーおよび食料供給システムを震災復興に役立てたいと考え、バイオディーゼル燃料(BDF)となり塩害に強いアブラナ科作物の栽培実験、作付けが進む。
数量:
地域の人達による地域の未来を創る 大作戦!!-ついに動き始めた風の 王国プロジェクト-

地域の人達による地域の未来を創る 大作戦!!-ついに動き始めた風の 王国プロジェクト-

販売価格(税込): 308
山本 久博

 「風の王国プロジェクト」は、秋田県の海岸線や大潟村などに1,000基規模の大型風車を設置すること、さらに、その事業規模を基に風力発電産業の振興と雇用の創出を目標としたものである。
 地域の風資源を日本の未来に活かそうとする風の王国プロジェクトの今後の活動にぜひ御理解と御支援をお願いします。地域主導で、私たちの未来を創りましょう!!
数量:
みんなでつくる、明日の 田園都市-宮城県岩沼市玉浦復興まちづくり

みんなでつくる、明日の 田園都市-宮城県岩沼市玉浦復興まちづくり

販売価格(税込): 308
石川 幹子

復興にあたり、最も重要なことは、被災者自身が、自ら考え、発案し、新しいまちづくりを進めていくことにある。当該地域は、地震による地盤沈下、津波による塩害から、昨年度は米の作付けを行うことができなかった。しかしながら、全国からの支援による塩害に強いトマトの栽培に挑戦し、この成果を踏まえて、メロン、カブなど農業復活への機運が高まっている。
数量:
植物工場生産物の安全性と将来性

植物工場生産物の安全性と将来性

販売価格(税込): 308
高辻正基

工場野菜のコストダウンの努力はあと数年で実ってくると思われる。また植物の好きな赤や青を蛍光灯に強化するとか、あるいは赤と青のLEDのコストダウンによって、味がよく栄養価にもすぐれた野菜を供給できるLED植物工場が登場するだろう。
数量:
怖いのはユッケだけじゃない ──食べ物と菌と食品衛生

怖いのはユッケだけじゃない ──食べ物と菌と食品衛生

販売価格(税込): 308
池亀公和

最近、食品による感染症、つまり食中毒原因菌として注目されているのが、病原性大腸菌である。
 国内では焼き肉店などでの腸管出血性大腸菌O -157やO-111、そしてEUではスプラウトを原因食とする腸管凝集性志賀毒素産生性大腸菌O -104という、さらに病原性の強い細菌が猛威をふるった。
数量:
添加物・農薬・薬─口に入る化学物質は、どのくらい体にアブナイのか?

添加物・農薬・薬─口に入る化学物質は、どのくらい体にアブナイのか?

販売価格(税込): 308
小澤正吾

人間はエネルギー源を求めて毎日食事をとる。このとき多種多様の物質を体内に入れている。
 食物には添加物、正式には「食品添加物」が含まれているし、農作物が安定して収穫されるために使われる農薬が、量的には少ないながらも食品中に残留している。このような農薬を残留農薬と表現する。
数量:
食の信頼とフードコミュニケーション

食の信頼とフードコミュニケーション

販売価格(税込): 308
中嶋康博

 2007年から2008年にかけて偽装表示や食品事故など、食の信頼を揺るがす事件が立て続けに起こった。その結果、消費者が食のシステムへの不信感を抱くようになったことは間違いない。
数量:
食品のリスク管理

食品のリスク管理

販売価格(税込): 308
唐木英明

我々はさまざまなリスクに囲まれているが、リスクの大きさを評価して、その大きさに応じたリスク管理をして、安全に暮らすための努力をしている。ここでは食品関係の3つの違ったタイプのリスクについて述べる。
数量:
消費者に安全と安心を届けるための取り組み

消費者に安全と安心を届けるための取り組み

販売価格(税込): 308
鬼武一夫

私たちが普段食べる食品には、さまざまなリスクがある。食中毒や異物混入などは、昔も今も重視して取り組まなければならないリスクである。また、BSE(牛海綿状脳症)や放射性物質など、消費者・組合員にとって関心の高いリスクも存在する。
数量:
もし、放射性物質を口にしてしまったら ─放射能汚染と食と健康

もし、放射性物質を口にしてしまったら ─放射能汚染と食と健康

販売価格(税込): 308
大町康

福島第一原子力発電所事故による放射性物質の放出で、ヨウ素、セシウム、ストロンチウムにより食品等が汚染された。暫定基準値による出荷制限で、飲食物からの放射性物質摂取の抑制策がとられているが、微量でも食品から放射性物質を摂取することによる健康影響が不安であるという声は依然として多い。
数量:
日本の食は、どこまで安全か?

日本の食は、どこまで安全か?

販売価格(税込): 308
安斎育郎

放出された放射能は、やっかいなことに元に戻せない。だから、再びこのような重大な事故を起こさないように、原発問題を国家や電力企業や専門家任せにせず、目を向け続け、
「隠すな、ウソつくな、意図的に過小評価するな」の声をあげ続けることが不可欠だ。
数量:
北海道の野菜はなぜおいしい?

北海道の野菜はなぜおいしい?

販売価格(税込): 308
荒川義人

食べ物のおいしさについては、以前、本誌の特集『「食べる」のサイエンス』でも解説されているが、食べ物が持つ甘い、酸っぱいなどの味、歯応え、みずみすしさなどの食感、香り、色などの複雑な要素を、われわれは味覚、嗅覚、触覚、聴覚、視覚の五感によってとらえて総合的に判断している。とくに野菜のおいしさには、甘み、みずみずしさ、香り、色などの要素が大きく影響している。
数量:
ガゴメコンブの魅力とバイオファーミング

ガゴメコンブの魅力とバイオファーミング

販売価格(税込): 308
小林大佑,谷敬,安井肇

1890年代、函館近郊の海岸でコンブ類の調査をしていた札幌農学校(北海道大学の前身)の宮部金吾博士は、葉の全面に籠の目のような凹凸模様を持ち、とろみが多く出る新種のコンブを発見し、これを「ガゴメ」(図1)として発表した1)。しかし、見た目の悪さや、あまりダシがでないといった理由から、マコンブなど他のコンブ類のように、乾燥させたものがそのまま売り物になることはなかった。
数量:
魚類・光・内分泌~体色と食欲の深い仲

魚類・光・内分泌~体色と食欲の深い仲

販売価格(税込): 308
高橋明義,小林勇喜,山野目健,水澤寛太

淡水魚、あるいは海水魚でも浅海に棲む魚種は、優れた体色調節能を有しており、背地の色と模様に自らの体色を調和させて外敵から身を守る。このような能力を持つ魚種が多彩な光環境のなかで、さまざまな光波長を認識していることは間違いない。
数量:

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

*

図説 基礎動物生理学(PDF版)

販売価格(税込): 1,893 円

生命現象を理解するための基礎となる生理学。本書では、図・写真を多用し、哺乳類の生理学を学ぶ初心者向け、生理学を通じて生命の仕組みの全体像を判りやすく解説した。

実験動物のトラブルQ&A 系統・種の特性に起因する事例から(PDF版)

販売価格(税込): 3,024 円

実験動物を使用する若手の研究者や技術者、ならびにこれまであまり動物を使用したことのない研究者を対象に、実践に役立てられるよう100項目の具体的な事例を示し、【問】、【答】と【考えられる対策】というQ&A形式にしました。

アニマルマネジメント -動物管理・実験技術と最新ガイドラインの運用-(PDF版)

販売価格(税込): 2,160 円

本書は、マウス・ラットを取り扱う実験動物技術者のため、および動物実験を行う担当者のために作業の基本、実験の基本について注意点などを含めて述べた。
本書が実験動物の管理や動物実験に携わる技術者や研究者にとって、動物福祉に配慮した科学的に適正な動物実験実施のための道しるべとなることを願っている。

アニマルマネジメントII ‐管理者のための動物福祉実践マニュアル‐(PDF版)

販売価格(税込): 2,243 円

動愛法のガイドラインに準拠した実験動物の飼育管理方法等の手引書。『アニマルマネジメント』を手にされた管理者および上級者向けの書籍です。実験動物の観察方法から具体的な手順書作成の方法まで収載しています。

論文・プレゼンの科学 ―読ませる論文・卒論、聴かせるプレゼン、伝わる英語の公式―(PDF版)

販売価格(税込): 1,296 円

論文・レポートなど文章の書き方、上手なプレゼンテーションは、才能や努力ではなく、簡単な公理に基づく「科学」的なアプローチで得られるという視点から、誰もが少ない努力でこれらのスキルを習得できる方法を紹介します。

母性をめぐる生物学 ~ネズミから学ぶ~(PDF版)

販売価格(税込): 1,379 円

「母性」はどこから生まれるのでしょうか? わが子を慈しむのは動物も人間も同じです。本書では、母性の源となる体内のはたらきを、ネズミ(マウス、ラット)での神経研究、ホルモン研究、脳研究などで得られた知見から、わかりやすく紹介し、動物の母性行動の研究を通して人間の母性について考えていきます。

性をめぐる生物学 ―ネズミから学ぶ―(PDF版)

販売価格(税込): 1,379 円

なぜ、人間を含め動物にはオス(男)とメス(女)が存在するのでしょうか? 本書では、最新の性科学研究から得られた知見から、オス(男)、メス(女)にそれぞれ特有な行動、フェロモンのはたらき、脳のはたらきの違い、などをわかりやすく紹介します。