TopPage > 雑誌BIOPHILIA記事 > 宇宙

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

宇宙

8件の商品がございます。
BIOPHILIA 電子版19号 (2016年10月・秋号) アストロバイオロジー
  • NEW

BIOPHILIA 電子版19号 (2016年10月・秋号) アストロバイオロジー

販売価格(税込): 926
【特集】 アストロバイオロジーセンターが2015年設立され、本格的な研究が日本で
も始まりました。
 数多くの太陽系外惑星の数が発見され、地球と同じサイズのスーパーアース
も発見されています。近未来、太陽系外にハビタブルな(生命が存在する可能
性のある)惑星の発見、生命の存在が確認されることでしょう。
数量:
「きぼう」での日本発宇宙生物実験

「きぼう」での日本発宇宙生物実験

販売価格(税込): 308
矢野幸子

― 国際宇宙ステーション(ISS)・日本実験棟「きぼう」

国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングされる日本初の有人実験施設となる実験棟「きぼう」の最初の打ち上げが間近になってきた。「きぼう」(図1)は全部で3回に分けて打ち上げられる。
数量:
ゾウリムシは宇宙を目指す

ゾウリムシは宇宙を目指す

販売価格(税込): 308
最上善広

今では常識となっている、「細胞の内部はマイナス」という事実は、70年ほど前にゾウリムシを使って初めて確認されたものである。あまり知られていないことであるが、これは日本人の業績であり、当時の東京帝国大学動物学教室の鎌田武雄教授によってなされている。これら以外にも、細胞生物学や遺伝学などにおいて、ゾウリムシが果たした役割はかなり大きい。
数量:
カエルを宇宙へ ― アフリカツメガエルを用いた宇宙実験 ―

カエルを宇宙へ ― アフリカツメガエルを用いた宇宙実験 ―

販売価格(税込): 308
柏木昭彦,柏木 啓子,古野伸明,新海正

―宇宙研究と両生類―

1972年のアポロ17号を最後に打ち切られていた月への有人飛行が、半世紀ぶりに再開されそうである。アメリカ航空宇宙局(NASA)によると、2018年に4人の宇宙飛行士を月で1週間滞在させるというのである。さらに、将来は国際協力で月面基地を建設し、そこを拠点に他の天体への探査に乗り出すという。
数量:
メダカを用いた宇宙実験 ― 宇宙での子づくり―

メダカを用いた宇宙実験 ― 宇宙での子づくり―

販売価格(税込): 308
井尻憲一

―宇宙で子孫を増やせるか?―

1994年に日本人宇宙飛行士、向井千秋さんとともに、日本のメダカがスペースシャトルで15日間の宇宙旅行をした。4匹のメダカは、脊椎動物として初めて雌雄による産卵行動を宇宙で行い、産卵された卵は宇宙飛行中に誕生(ふ化)し、赤ちゃんメダカとなった。この宇宙メダカ実験について、その準備、宇宙での様子、そして地球へ帰ってからと順を追って述べる。
数量:
水棲生物を用いた宇宙実験 ― 水棲生物からヒトへ―

水棲生物を用いた宇宙実験 ― 水棲生物からヒトへ―

販売価格(税込): 308
石岡憲昭,益川充代,大森克徳

―なぜ水棲生物が宇宙へ?―

日本を代表する淡水魚にメダカがいる。この魚が宇宙へ行き子を誕生させたことは有名であり、地球に帰還した「宇宙メダカ」の子孫は、現在も日本で生存、飼育されている。
数量:
宇宙生物学のススメ

宇宙生物学のススメ

販売価格(税込): 308
山下雅道

宇宙生物学は、宇宙へと人が飛び出し、そこで活動するための基礎的な知識を与える科学である。宇宙での微小重力や宇宙放射線がヒトにとってどんなリスクをもたらすのか、もしリスクがあるならどんな対抗策があるのかを調べるのに、生物学の研究は欠かせない。
数量:
生命の“もと”は宇宙から? ― 高分子態複雑有機物と生命の起源:がらくた分子から生命へ ―

生命の“もと”は宇宙から? ― 高分子態複雑有機物と生命の起源:がらくた分子から生命へ ―

販売価格(税込): 308
小林憲正

― 生命の起源の古典的シナリオ―

生命は、原始地球上での物質進化(化学進化)の結果として誕生した。現在の生命の起源シナリオは、すべてこの前提のもとに語られる。このような化学進化シナリオは、1920年代にオパーリンおよびホールデンによりまず提唱された。
数量:

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

*

実験動物のケアと使用に関する指針第8版の本文内に使われたMust,Should,Mayの解析(PDF版)

販売価格(税込): 1,620 円

論説は米国実験動物研究協会が改訂した"実験動物のケアと使用に関する指針"第8版の本文中に出現するmust,should,mayについて解析したものである。原著者であるDr.Richersonに日本語翻訳の許可を得て翻訳したものである。特にここではAAALAC Intemationalの認証に重要とされるmust,should,mayついて解析を行った。
用語の多くは日本実験動物学会が監訳した"実験動物の管理と使用に関する指針"(2011)を参照したが,疑問のある用語にかんしては翻訳者が適宜改訂した。(はじめに)より

実験動物のトラブルQ&A 系統・種の特性に起因する事例から(PDF版)

販売価格(税込): 3,024 円

実験動物を使用する若手の研究者や技術者、ならびにこれまであまり動物を使用したことのない研究者を対象に、実践に役立てられるよう100項目の具体的な事例を示し、【問】、【答】と【考えられる対策】というQ&A形式にしました。

ポイントチェック 2級実験動物技術者認定試験対策問題集(PDF版)

販売価格(税込): 1,728 円

本書は「2級実験動物技術者認定試験」の過去に出題された学科試験問題ならびに解答(案)で構成しています。試験問題は、本試験の公式テキストである『実験動物の技術と応用 入門編』(以下、テキスト)に記載されている内容から出題されます。問題を解く前にテキストでの学習をお勧めします。本書では、受験必須の、テキスト「総論」と、選択試験である「各論」(「マウス・ラット・その他の小動物」「モルモット」「ウサギ」「イヌ」「サル類」「ブタ」「トリ類」「ネコ」「魚類、両生類、その他」から1 動物種を選択)のうち、大半の受験者が選択する「マウス・ラット・その他の小動物(その他のげっ歯類〔ハムスター類、スナネズミ〕が出題範囲)」を取り上げ、解答(案)に加え、テキストでの出題箇所の記載ページを付記しました。上記に加え、学習のポイント(ポイントと表記)を付記し、テキストでの学習とあわせて問題を解くことでより理解が深まるよう工夫をしました。

人道的な実験技術の原理 -実験動物技術の基本原理3Rの原点-(PDF版)

販売価格(税込): 2,592 円

原書『The Principles of Humane Experimental Technique』が刊行されてから50年あまり。
この本が唱えた3Rの原理は現在も動物施者の基本原理となっているが、著者である、RussellとBurchは、この本で何を述べているのか知る人は、極めて少ない。
本書を出すことにより我が国においてますます3Rの原理が広く普及し、より適正な動物実験が実施されることを願ったものである。

論文・プレゼンの科学 ―読ませる論文・卒論、聴かせるプレゼン、伝わる英語の公式―(PDF版)

販売価格(税込): 1,296 円

論文・レポートなど文章の書き方、上手なプレゼンテーションは、才能や努力ではなく、簡単な公理に基づく「科学」的なアプローチで得られるという視点から、誰もが少ない努力でこれらのスキルを習得できる方法を紹介します。

町おこしin羽後町 ~美少女イラストを使ってやってみた~(PDF版)

販売価格(税込): 1,029 円

美少女イラスト入り「あきたこまち」、スティックポスターin羽後町、かがり美少女イラストコンテスト・・・
町おこしの例を美少女のイラストを用いて説明した。