TopPage > 雑誌BIOPHILIA記事 > 生物

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

生物

54件の商品がございます。
BIOPHILIA 電子版16号 (2016年1月・秋号) 海洋生物資源のイノベーション ─その2─
  • NEW

BIOPHILIA 電子版16号 (2016年1月・秋号) 海洋生物資源のイノベーション ─その2─

販売価格(税込): 926
【特集】 海洋生物資源のイノベーション ─その2─  太平洋の面積は1億6,600キロ平方メートル、最大深度は10,920メートル、平均深度は4,188メートル、一方、日本海は100万キロ平方メートル、最大深度は3,796メートル、平均深度は1,667メートル。日本近海には多様な生息・生育環境が存在し、3万種以上の海洋生物種数が確認されている。広大な未知の海洋領域の課題について提起していきます。
数量:
世界最古のスッポン化石発見 ─カメから探る太古の地球

世界最古のスッポン化石発見 ─カメから探る太古の地球

販売価格(税込): 308
平山廉

カメやスッポンは我々にとって馴染みの深い動物であるが、実は化石としてもごくありふれた存在である。未公表のものもふくめると、日本国内だけでも100か所を超える場所でカメの化石が見つかっているのだ。
数量:
モグラをとおして考える生物の多様性

モグラをとおして考える生物の多様性

販売価格(税込): 308
篠原明男

2010年は「生物多様性」という言葉がマスメディア上に何度も登場した。名古屋で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)を契機に、クジラやマグロなどの水産資源の絶滅危惧問題など、生物多様性がキーワードの1年であった。
Biophilia誌上でも、生物多様性(第23号)やクジラ(第22号)に関する特集が組まれた。
数量:
「ミミズ」と「地球温暖化」─土壌生物と地球環境問題─

「ミミズ」と「地球温暖化」─土壌生物と地球環境問題─

販売価格(税込): 308
金子信博

ミミズは地球温暖化などとまったく関係ないだろうと思われる方が多いかもしれない。私たちはここ数年、主に土に住む動物や微生物の多様性や暮らし、土壌への影響について興味を持ち、研究を続けてきた。その過程でミミズと物質循環との関係をよく調べてみると、実はミミズの活動が温室効果ガスと少なからぬ関係があることがわかってきた。
数量:
ナマコの養殖─生物学から新養殖技術開発まで─

ナマコの養殖─生物学から新養殖技術開発まで─

販売価格(税込): 308
奥村誠一

世間一般では、「ナマコ」と聞くと食べ物として、あるいはグアムなどのビーチで見かけるゴロゴロと横たわる奇妙な生き物としてイメージされるであろう。最近の若い人たちはナマコをあまり食べないようであるが、中年以上の年齢層ではけっこう好まれている食材である。
数量:
NBRP紹介 : メダカバイオリソースプロジェクト ―さらなる発展を目指して―

NBRP紹介 : メダカバイオリソースプロジェクト ―さらなる発展を目指して―

販売価格(税込): 308
成瀬清

2007年に開始された第2期バイオリソースプロジェクトも4年目を迎え、来年度は最終年となる。今年度は第3期への準備期間ともいえよう。
数量:
生物多様性条約COP10で何がおこったのか?

生物多様性条約COP10で何がおこったのか?

販売価格(税込): 308
中静透

今回のCOPで焦点となったのは、主に2つの点である。

ひとつは2010年以降の生物多様性条約加盟国全体が目指す戦略目標の採択、もうひとつが遺伝子資源へのアクセスと利益の分配(ABS)に関する合意である。
数量:
蜘蛛の糸のふしぎ ―クモから学ぶ安全と信頼―

蜘蛛の糸のふしぎ ―クモから学ぶ安全と信頼―

販売価格(税込): 308
大崎茂芳

夏、イエオニグモが夕方の駅のホームで、コガネグモが眠気の覚めやらぬ早朝の庭で巣を張っているところを目撃すると、時間の経つのも忘れてしまう(図1)。クモは、糸という機能的な道具を上手く使って巣に飛来した獲物を捕獲する(図2)。また、危機が迫ると細い命綱を使って巣からすばやく逃げる。
数量:
昆虫のふしぎを探る : 第3回 植物の防御機構と昆虫 ―植物乳液をめぐる植物と昆虫の攻防関係―

昆虫のふしぎを探る : 第3回 植物の防御機構と昆虫 ―植物乳液をめぐる植物と昆虫の攻防関係―

販売価格(税込): 308
今野浩太郎

植物は、チョウやガの幼虫(いわゆるイモムシ・ケムシ)やハムシ、ハバチ幼虫をはじめとする種々の植食昆虫に食べられてしまうリスクに、常にさらされている。植物は自ら移動できないので、逃げることができない。では、植物は昆虫に食べられるがままになっているかというと、そうではない。
数量:
トキをめぐる生物多様性

トキをめぐる生物多様性

販売価格(税込): 308
箕口秀夫

21羽。現在、日本に生息している野生のトキの羽数である。いうまでもなく、すべて佐渡島で人工飼育、試験放鳥された個体だ。

トキはコウノトリ目トキ科に属している。その姿は非常に特徴的で、一度観察すると目に焼きついて忘れることができない。
数量:
外来生物の生物学

外来生物の生物学

販売価格(税込): 308
五箇公一

外来生物Alien speciesとは、人の手によって本来の生息地から、異なる生息地に移送された生物をさす。人為的要因によらず、気流や海流にのって移動する昆虫やエチゼンクラゲ、あるいは自力で海や大陸を渡る鳥類などは外来生物に当てはまらない。
数量:
遺伝的多様性 ―その意味と重要性―

遺伝的多様性 ―その意味と重要性―

販売価格(税込): 308
井鷺裕司

さまざまな生態系に人間の活動が与えている深刻な影響の一つに、生物多様性の喪失がある。生物多様性は、遺伝子、種、生態系といった複数のレベルにおいてとらえることができる。生物多様性を保全するうえでは、遺伝的多様性を維持することが重要な意味を持っており、その重要性には長期的なものと短期的なものがある。
数量:
光る生物の応用研究最前線 : 第4回 ウミホタルの光でガンを見つける

光る生物の応用研究最前線 : 第4回 ウミホタルの光でガンを見つける

販売価格(税込): 308
近江谷克裕

ウミホタルは、エビやカニの仲間の甲殻類に属する光る生物である。ノーベル化学賞を受賞した下村脩先生は、1957年に世界で初めてウミホタルから発光基質ルシフェリンの結晶化に成功し、その光の正体に一歩近づいた。この光は下村先生自身を照らすこととなり、この成果により米国の研究者から招聘されて海を渡ることになった。
数量:
鯨類の進化史とその道のり

鯨類の進化史とその道のり

販売価格(税込): 308
一島啓人

クジラと聞いて、みなさんはいかなる動物を思い浮かべるだろうか。大きくて、優雅に泳ぎ、頭から潮を吹く動物だろうか。それとも、暗い深海で勇壮に巨大イカと闘う頭でっかちの動物だろうか。それぞれの胸に思い思いのイメージがあるかと思うが、それもそのはずで、現在生きているクジラは80種以上を数えるのである。大きさも姿もいろいろだ。
数量:
光る生物の応用研究最前線 : 第3回 化学者にとっての、はかない生物の光 ―ホタルイカの生物発光―

光る生物の応用研究最前線 : 第3回 化学者にとっての、はかない生物の光 ―ホタルイカの生物発光―

販売価格(税込): 308
寺西克倫

「ものおもへば沢の蛍もわが身より あくがれいづる魂かとぞみる」-和泉式部-

平安時代の歌人・和泉式部は、恋に悩み京都の貴船川にきて「はかないホタルの光は、自分の魂が体から抜けでているようでございます」と歌っている。

幻想的にほんのりと点滅し最後は消えてしまうホタルの光は、もの寂しい光として日本人には感じられるのであろう。
数量:

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

*

実験動物のケアと使用に関する指針第8版の本文内に使われたMust,Should,Mayの解析(PDF版)

販売価格(税込): 1,620 円

論説は米国実験動物研究協会が改訂した"実験動物のケアと使用に関する指針"第8版の本文中に出現するmust,should,mayについて解析したものである。原著者であるDr.Richersonに日本語翻訳の許可を得て翻訳したものである。特にここではAAALAC Intemationalの認証に重要とされるmust,should,mayついて解析を行った。
用語の多くは日本実験動物学会が監訳した"実験動物の管理と使用に関する指針"(2011)を参照したが,疑問のある用語にかんしては翻訳者が適宜改訂した。(はじめに)より

実験動物のトラブルQ&A 系統・種の特性に起因する事例から(PDF版)

販売価格(税込): 3,024 円

実験動物を使用する若手の研究者や技術者、ならびにこれまであまり動物を使用したことのない研究者を対象に、実践に役立てられるよう100項目の具体的な事例を示し、【問】、【答】と【考えられる対策】というQ&A形式にしました。

ポイントチェック 2級実験動物技術者認定試験対策問題集(PDF版)

販売価格(税込): 1,728 円

本書は「2級実験動物技術者認定試験」の過去に出題された学科試験問題ならびに解答(案)で構成しています。試験問題は、本試験の公式テキストである『実験動物の技術と応用 入門編』(以下、テキスト)に記載されている内容から出題されます。問題を解く前にテキストでの学習をお勧めします。本書では、受験必須の、テキスト「総論」と、選択試験である「各論」(「マウス・ラット・その他の小動物」「モルモット」「ウサギ」「イヌ」「サル類」「ブタ」「トリ類」「ネコ」「魚類、両生類、その他」から1 動物種を選択)のうち、大半の受験者が選択する「マウス・ラット・その他の小動物(その他のげっ歯類〔ハムスター類、スナネズミ〕が出題範囲)」を取り上げ、解答(案)に加え、テキストでの出題箇所の記載ページを付記しました。上記に加え、学習のポイント(ポイントと表記)を付記し、テキストでの学習とあわせて問題を解くことでより理解が深まるよう工夫をしました。

人道的な実験技術の原理 -実験動物技術の基本原理3Rの原点-(PDF版)

販売価格(税込): 2,592 円

原書『The Principles of Humane Experimental Technique』が刊行されてから50年あまり。
この本が唱えた3Rの原理は現在も動物施者の基本原理となっているが、著者である、RussellとBurchは、この本で何を述べているのか知る人は、極めて少ない。
本書を出すことにより我が国においてますます3Rの原理が広く普及し、より適正な動物実験が実施されることを願ったものである。

論文・プレゼンの科学 ―読ませる論文・卒論、聴かせるプレゼン、伝わる英語の公式―(PDF版)

販売価格(税込): 1,296 円

論文・レポートなど文章の書き方、上手なプレゼンテーションは、才能や努力ではなく、簡単な公理に基づく「科学」的なアプローチで得られるという視点から、誰もが少ない努力でこれらのスキルを習得できる方法を紹介します。

町おこしin羽後町 ~美少女イラストを使ってやってみた~(PDF版)

販売価格(税込): 1,029 円

美少女イラスト入り「あきたこまち」、スティックポスターin羽後町、かがり美少女イラストコンテスト・・・
町おこしの例を美少女のイラストを用いて説明した。