TopPage > 雑誌BIOPHILIA記事 > 光学

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

光学

5件の商品がございます。
光る生物の応用研究最前線 : 第4回 ウミホタルの光でガンを見つける

光る生物の応用研究最前線 : 第4回 ウミホタルの光でガンを見つける

販売価格(税込): 308
近江谷克裕

ウミホタルは、エビやカニの仲間の甲殻類に属する光る生物である。ノーベル化学賞を受賞した下村脩先生は、1957年に世界で初めてウミホタルから発光基質ルシフェリンの結晶化に成功し、その光の正体に一歩近づいた。この光は下村先生自身を照らすこととなり、この成果により米国の研究者から招聘されて海を渡ることになった。
数量:
光る生物の応用研究最前線 : 第2回 光イメージングでストレスを診る

光る生物の応用研究最前線 : 第2回 光イメージングでストレスを診る

販売価格(税込): 308
尾崎倫孝

我々は、①主として外科的治療が肝臓へ与えるストレス、②糖尿病・脂肪肝・加齢など種々の状態下にある肝の外科的ストレスに対する反応性の変化を、従来の分子生物学的な手法および光プローブ(バイオロジカルプローブ)を使ったバイオイメージングの手法を用いた解析を試みている(図1)。
数量:
光る生物の応用研究最前線 : 第1回 光る生物のしくみを探る

光る生物の応用研究最前線 : 第1回 光る生物のしくみを探る

販売価格(税込): 308
近江谷 克裕

光るクラゲの研究で、下村脩博士が2008年ノーベル化学賞を受賞した。日本人は古くから光る生物が大好きで、多くの科学者が研究対象にしてきた。本稿では、下村博士も愛し探究した光る生物たちの機能と応用について解説する。
数量:
光るブタが照らし出す未来の医療 ―光るブタの作出とその活用―

光るブタが照らし出す未来の医療 ―光るブタの作出とその活用―

販売価格(税込): 308
河原崎達雄

我々は、ヒトのモデルとして優れた特性を持つブタに、体細胞クローン技術を活用し、組織識別マーカーである緑色蛍光タンパク質(Green Fluorescent Protein:GFP)を導入した。このGFPブタは、紫外線光(ブラックライト)を照射すると緑色蛍光を発する「光るブタ」である。
数量:
光環境が早産児・新生児の脳に与える影響 ―新しい光受容体「メラノプシン」のもつ意味―

光環境が早産児・新生児の脳に与える影響 ―新しい光受容体「メラノプシン」のもつ意味―

販売価格(税込): 308
太田英伸

赤ちゃんの視覚に対する理解は、メラノプシン(melanopsin)とよばれる新しい光受容体の発見によって大きく変わろうとしている。光受容体とは、光(光子)を捕まえるタンパク質のことで、おもに目の網膜に存在する。
数量:

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

*

実験動物のケアと使用に関する指針第8版の本文内に使われたMust,Should,Mayの解析(PDF版)

販売価格(税込): 1,620 円

論説は米国実験動物研究協会が改訂した"実験動物のケアと使用に関する指針"第8版の本文中に出現するmust,should,mayについて解析したものである。原著者であるDr.Richersonに日本語翻訳の許可を得て翻訳したものである。特にここではAAALAC Intemationalの認証に重要とされるmust,should,mayついて解析を行った。
用語の多くは日本実験動物学会が監訳した"実験動物の管理と使用に関する指針"(2011)を参照したが,疑問のある用語にかんしては翻訳者が適宜改訂した。(はじめに)より

実験動物のトラブルQ&A 系統・種の特性に起因する事例から(PDF版)

販売価格(税込): 3,024 円

実験動物を使用する若手の研究者や技術者、ならびにこれまであまり動物を使用したことのない研究者を対象に、実践に役立てられるよう100項目の具体的な事例を示し、【問】、【答】と【考えられる対策】というQ&A形式にしました。

ポイントチェック 2級実験動物技術者認定試験対策問題集(PDF版)

販売価格(税込): 1,728 円

本書は「2級実験動物技術者認定試験」の過去に出題された学科試験問題ならびに解答(案)で構成しています。試験問題は、本試験の公式テキストである『実験動物の技術と応用 入門編』(以下、テキスト)に記載されている内容から出題されます。問題を解く前にテキストでの学習をお勧めします。本書では、受験必須の、テキスト「総論」と、選択試験である「各論」(「マウス・ラット・その他の小動物」「モルモット」「ウサギ」「イヌ」「サル類」「ブタ」「トリ類」「ネコ」「魚類、両生類、その他」から1 動物種を選択)のうち、大半の受験者が選択する「マウス・ラット・その他の小動物(その他のげっ歯類〔ハムスター類、スナネズミ〕が出題範囲)」を取り上げ、解答(案)に加え、テキストでの出題箇所の記載ページを付記しました。上記に加え、学習のポイント(ポイントと表記)を付記し、テキストでの学習とあわせて問題を解くことでより理解が深まるよう工夫をしました。

人道的な実験技術の原理 -実験動物技術の基本原理3Rの原点-(PDF版)

販売価格(税込): 2,592 円

原書『The Principles of Humane Experimental Technique』が刊行されてから50年あまり。
この本が唱えた3Rの原理は現在も動物施者の基本原理となっているが、著者である、RussellとBurchは、この本で何を述べているのか知る人は、極めて少ない。
本書を出すことにより我が国においてますます3Rの原理が広く普及し、より適正な動物実験が実施されることを願ったものである。

論文・プレゼンの科学 ―読ませる論文・卒論、聴かせるプレゼン、伝わる英語の公式―(PDF版)

販売価格(税込): 1,296 円

論文・レポートなど文章の書き方、上手なプレゼンテーションは、才能や努力ではなく、簡単な公理に基づく「科学」的なアプローチで得られるという視点から、誰もが少ない努力でこれらのスキルを習得できる方法を紹介します。

町おこしin羽後町 ~美少女イラストを使ってやってみた~(PDF版)

販売価格(税込): 1,029 円

美少女イラスト入り「あきたこまち」、スティックポスターin羽後町、かがり美少女イラストコンテスト・・・
町おこしの例を美少女のイラストを用いて説明した。