TopPage > 雑誌BIOPHILIA記事 > 光学

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

光学

10件の商品がございます。
魚類・光・内分泌~体色と食欲の深い仲

魚類・光・内分泌~体色と食欲の深い仲

販売価格(税込): 308
高橋明義,小林勇喜,山野目健,水澤寛太

淡水魚、あるいは海水魚でも浅海に棲む魚種は、優れた体色調節能を有しており、背地の色と模様に自らの体色を調和させて外敵から身を守る。このような能力を持つ魚種が多彩な光環境のなかで、さまざまな光波長を認識していることは間違いない。
数量:
光る生物の応用研究最前線 : 第4回 ウミホタルの光でガンを見つける

光る生物の応用研究最前線 : 第4回 ウミホタルの光でガンを見つける

販売価格(税込): 308
近江谷克裕

ウミホタルは、エビやカニの仲間の甲殻類に属する光る生物である。ノーベル化学賞を受賞した下村脩先生は、1957年に世界で初めてウミホタルから発光基質ルシフェリンの結晶化に成功し、その光の正体に一歩近づいた。この光は下村先生自身を照らすこととなり、この成果により米国の研究者から招聘されて海を渡ることになった。
数量:
光る生物の応用研究最前線 : 第2回 光イメージングでストレスを診る

光る生物の応用研究最前線 : 第2回 光イメージングでストレスを診る

販売価格(税込): 308
尾崎倫孝

我々は、①主として外科的治療が肝臓へ与えるストレス、②糖尿病・脂肪肝・加齢など種々の状態下にある肝の外科的ストレスに対する反応性の変化を、従来の分子生物学的な手法および光プローブ(バイオロジカルプローブ)を使ったバイオイメージングの手法を用いた解析を試みている(図1)。
数量:
光る生物の応用研究最前線 : 第1回 光る生物のしくみを探る

光る生物の応用研究最前線 : 第1回 光る生物のしくみを探る

販売価格(税込): 308
近江谷 克裕

光るクラゲの研究で、下村脩博士が2008年ノーベル化学賞を受賞した。日本人は古くから光る生物が大好きで、多くの科学者が研究対象にしてきた。本稿では、下村博士も愛し探究した光る生物たちの機能と応用について解説する。
数量:
光るブタが照らし出す未来の医療 ―光るブタの作出とその活用―

光るブタが照らし出す未来の医療 ―光るブタの作出とその活用―

販売価格(税込): 308
河原崎達雄

我々は、ヒトのモデルとして優れた特性を持つブタに、体細胞クローン技術を活用し、組織識別マーカーである緑色蛍光タンパク質(Green Fluorescent Protein:GFP)を導入した。このGFPブタは、紫外線光(ブラックライト)を照射すると緑色蛍光を発する「光るブタ」である。
数量:
光環境が早産児・新生児の脳に与える影響 ―新しい光受容体「メラノプシン」のもつ意味―

光環境が早産児・新生児の脳に与える影響 ―新しい光受容体「メラノプシン」のもつ意味―

販売価格(税込): 308
太田英伸

赤ちゃんの視覚に対する理解は、メラノプシン(melanopsin)とよばれる新しい光受容体の発見によって大きく変わろうとしている。光受容体とは、光(光子)を捕まえるタンパク質のことで、おもに目の網膜に存在する。
数量:
新しいレーザー技術と光学現象の生体観察への応用 ― 超短パルスレーザー技術を用いた生体の観察・操作・加工―

新しいレーザー技術と光学現象の生体観察への応用 ― 超短パルスレーザー技術を用いた生体の観察・操作・加工―

販売価格(税込): 308
藤田 克昌

従来から光は生体にやさしいといわれてきた。これは、可視から近赤外域の光は生体分子への吸収が少なく、それゆえ生体へ与えるダメージも少ないことが理由である。このため、生体中における光の吸収や散乱、発光は、さまざまな生体情報、たとえば、タンパク質の移動や分布、イオン動態、細胞膜電位分布等の観察・測定に利用されてきた。
数量:
ラマン分光で見る分子レベルでの生命活性 ― 細胞物理化学事始め―

ラマン分光で見る分子レベルでの生命活性 ― 細胞物理化学事始め―

販売価格(税込): 308
内藤 康彰, 黄 郁珊, 濵口 宏夫

分子の指紋を見る― 時空間分解ラマン分光―

生細胞内で起こる化学反応をあるがままに(in vivo)観測することは、分子レベルで生命現象を理解するために不可欠な第一歩であり、現代生物科学の最も重要な課題の1つであるといえる。
数量:
ナノ光学で生体を見る ― ナノスケールの分解能をもつ光学顕微鏡の開発と分子イメージング―

ナノ光学で生体を見る ― ナノスケールの分解能をもつ光学顕微鏡の開発と分子イメージング―

販売価格(税込): 308
河田 聡

光技術は、精密機械技術と並び、日本の戦後復興に大きく貢献してきた。顕微鏡、光ディスク、レーザー加工、液晶などの光技術は日本が得意としてきた分野である。21世紀の科学技術として、ナノテクノロジーが注目を集めているが、光技術(フォトニクス)とナノテクノロジーを組み合わせたナノフォトニクスは、ナノテクノロジーをさらに新たなステージへと運ぶことのできる技術であると考える。
数量:
最新実験技術 : 第2回 Luciferaseを利用したがん研究

最新実験技術 : 第2回 Luciferaseを利用したがん研究

販売価格(税込): 308
大澤 一郎, 松本 光史, 村上 孝, 小林 英司

非侵襲的イメージング技術の分子細胞生物学への応用が試みられるようになったのは、遺伝子導入技術の発達と相まって1990年代初めである。磁気(MRI)、核(γカメラ、PETなど)と並んで、この時期に生まれた非侵襲的イメージング技術が小動物に対する生体内光学イメージング技術の始まりである。
数量:

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

*

図説 基礎動物生理学(PDF版)

販売価格(税込): 1,893 円

生命現象を理解するための基礎となる生理学。本書では、図・写真を多用し、哺乳類の生理学を学ぶ初心者向け、生理学を通じて生命の仕組みの全体像を判りやすく解説した。

実験動物のトラブルQ&A 系統・種の特性に起因する事例から(PDF版)

販売価格(税込): 3,024 円

実験動物を使用する若手の研究者や技術者、ならびにこれまであまり動物を使用したことのない研究者を対象に、実践に役立てられるよう100項目の具体的な事例を示し、【問】、【答】と【考えられる対策】というQ&A形式にしました。

アニマルマネジメント -動物管理・実験技術と最新ガイドラインの運用-(PDF版)

販売価格(税込): 2,160 円

本書は、マウス・ラットを取り扱う実験動物技術者のため、および動物実験を行う担当者のために作業の基本、実験の基本について注意点などを含めて述べた。
本書が実験動物の管理や動物実験に携わる技術者や研究者にとって、動物福祉に配慮した科学的に適正な動物実験実施のための道しるべとなることを願っている。

アニマルマネジメントII ‐管理者のための動物福祉実践マニュアル‐(PDF版)

販売価格(税込): 2,243 円

動愛法のガイドラインに準拠した実験動物の飼育管理方法等の手引書。『アニマルマネジメント』を手にされた管理者および上級者向けの書籍です。実験動物の観察方法から具体的な手順書作成の方法まで収載しています。

論文・プレゼンの科学 ―読ませる論文・卒論、聴かせるプレゼン、伝わる英語の公式―(PDF版)

販売価格(税込): 1,296 円

論文・レポートなど文章の書き方、上手なプレゼンテーションは、才能や努力ではなく、簡単な公理に基づく「科学」的なアプローチで得られるという視点から、誰もが少ない努力でこれらのスキルを習得できる方法を紹介します。

母性をめぐる生物学 ~ネズミから学ぶ~(PDF版)

販売価格(税込): 1,379 円

「母性」はどこから生まれるのでしょうか? わが子を慈しむのは動物も人間も同じです。本書では、母性の源となる体内のはたらきを、ネズミ(マウス、ラット)での神経研究、ホルモン研究、脳研究などで得られた知見から、わかりやすく紹介し、動物の母性行動の研究を通して人間の母性について考えていきます。

性をめぐる生物学 ―ネズミから学ぶ―(PDF版)

販売価格(税込): 1,379 円

なぜ、人間を含め動物にはオス(男)とメス(女)が存在するのでしょうか? 本書では、最新の性科学研究から得られた知見から、オス(男)、メス(女)にそれぞれ特有な行動、フェロモンのはたらき、脳のはたらきの違い、などをわかりやすく紹介します。